>  > 


【住宅リフォーム】架空の口コミで「ランク1位に」地裁が賠償命令


2019/04/13 06:32

4/12(金) 18:24配信
headlines.yahoo.co.jp

 住宅リフォーム会社の口コミサイトを開設した大手リフォーム会社「オンテックス」(大阪市)がサイトのランキングを操作し、自社を1位にしたとして、大阪市の同業者がオンテックスに営業上の損害など約260万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大阪地裁は11日、オンテックスに8万円の支払いを命じた。

 高松宏之裁判長(杉浦正樹裁判長代読)は、オンテックスに対する高評価の口コミについて、サイトには一般から投稿できない開設の準備段階で書き込まれていたなどとし、「オンテックスが架空の口コミを相当数行い、1位にしたと推認される」と述べた。

 判決によると、サイトは2012年3月に開設され、住宅リフォームを手がける全国の23社を利用者の口コミとともに紹介。オンテックスは口コミ数が100以上あり、1位だった。原告は10位以内に入っていなかった。サイト上では、オンテックスは自社が開設者であることを隠していた。高松裁判長は「オンテックスが優良だと誤認させる表示だ」とし、不正競争防止法違反にあたると指摘。一方で、原告に営業上の損害はないとし、裁判費用8万円を賠償額とした。

 原告代理人の神田知宏弁護士は「特定の企業の広告と疑われるランキングサイトは少なくない。判決は、これが違法で、賠償責任が生じうると警鐘を鳴らしている」と語った。

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite |
0.トップページへ
Supported by text.qwe