>  > 


【動画共有アプリ】TikTokで炎上が増加中…自分から「#炎上したい」若者も


2019/04/13 23:25

 動画共有アプリ「TikTok」に投稿した動画による炎上が増えている。動画に批判・非難コメントが殺到する例もあるが、TwitterやYouTubeなどに転載されたものが拡散、炎上する例が多いようだ。

 “TikTok炎上”はなぜ起きるのか。また、今の若者たちの炎上に対する考え方も変わってきており、その実態もお伝えしたい。

■増加するTikTok発の炎上事件

 最近、TikTokの投稿から炎上事件が立て続けに起きている。2018年12月、四国地方の男子高校生が、コンビニ店内の冷蔵庫からミネラルウォーターのペットボトルを取り出して飲む動画がTikTokに投稿され、炎上した。動画内では、制服姿の男子高生が購入前にも関わらずペットボトルの蓋を開け、「うまい、あー、うまい」と飲んでむせる姿が映っている。

 この動画は、投稿後すぐにTwitterに転載されて炎上。実は商品は購入済みだったが、「面白い動画を投稿したい」という理由で投稿していた。高校は販売記録を確認し、生徒が購入済みだったことを確認した上で、店舗に迷惑をかけたとして生徒を連れて謝罪に赴いている。

 元動画は削除されたものの、あちこちに転載された動画はまだ見られる状態となっており、再生数は数百万回を超えている。個人情報も特定されて公開されてしまっている。

 また2019年2月には、北九州の男子中学生がフェンスを乗り越えて線路内に立ち入り、ダンスを踊る動画をTikTokに投稿。動画は削除されており、生徒は保護者とともにJR九州に謝罪したという。この事件はテレビ番組で取り上げられただけでなく、まとめサイトなどで動画が見られる状態となっている。

 このように、TikTokに投稿された動画から炎上している事例が増えているのだ。

■TikTok動画は保存、転載がとても簡単

 TikTokにはもともと、動画を視聴したユーザーが簡単に保存できる機能が用意されている。設定から、「自分の動画をダウンロードできる人」を「オフ」にしない限り、視聴したユーザーは誰でも保存できてしまうのだ。

 もし「オフ」にしてあっても、iOS11から搭載された「画面収録」機能などを使えば録画は可能となる。誰でも見られる場に問題ある動画を公開していたことで、Twitterなどに動画を転載されて炎上につながっているというわけだ。

 事件を起こしたユーザーの多くは、「注目されたかった」「面白い動画をあげたかった」などと答えている。承認欲求に駆られ、不特定多数が見る場ということを考えずに投稿してしまうため、炎上につながっているのだ。

「炎上系」ハッシュタグが若者に人気

 同時に、若者の間で「炎上」に対する感覚が変化しつつあることをご存知だろうか。「やばい、炎上するって」「きゃははは」「炎上上等」などとやり取りをしている高校生を見かけたことがあるが、「炎上」がライトな扱いを受けていることは少なくない。

 そのようなハッシュタグは、当人が自分の動画につけているものであり、動画内容自体は特に問題ないものがほとんど。単純に「バズりたい」くらいの意味で使っているようなのだ。「炎上=恐ろしいこと、避けたいこと」と思い込んでいた筆者には驚きの結果だ。Twitterでも「#炎上したい」「#炎上希望」などのハッシュタグが同様の目的で使われている様子が見られる。

 ※省略

■まとめ、転載されやすいTikTok

 TikTokは保存、転載しやすい上、非公開設定にしない限り、基本的に誰からも見られるものだ。悪意を持って炎上させたいユーザーでも見られるし、転載もできるということになる。

 YouTubeでも、「有名YouTuberの友達と嘘をついて炎上した人のTikTokです。名前は○○。TikTokで探してみてください」などと、ある動画を晒しものにしている、ほぼいじめのような例を見かけた。投稿しているアカウントはその動画しか投稿していないため、晒すことが目的でアカウントを作成したことは明らかだ。

 言うまでもないが、炎上はバズることとはまったく違う。個人情報が特定されると、自分の本名で検索すると炎上事件が表示されるなど、社会的に大きなデメリットを被ることになる。目立ちたいなどの理由で問題ある動画を投稿しないよう、周囲の子どもたちに注意してあげてほしい。また、問題はなくても「可愛い」あるいは「むかつく」などの理由で転載されている例も多いので、安易に自撮り動画を投稿するリスクは伝えておくべきだろう。

2019年04月13日 08時00分
japan.cnet.com

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite |
0.トップページへ
Supported by text.qwe