>  > 


【国際結婚】昨年、台湾人と結婚した外国人(中国、香港、マカオは除く)のうち、日本人がベトナム人に次いで2番目に多い


2019/02/11 11:06

(台北 10日 中央社)内政部(内務省)が9日に公表した婚姻に関する最新統計で、昨年台湾人と結婚した外国人(中国、香港、マカオは除く)1万2392人のうち日本人が1045人で、6070人で最多だったベトナム人に次いで2番目に多いことが分かった。増加幅では、日本人は前年比93人増でトップだった。

2018年の婚姻件数は13万5403件で、このうち台湾人同士が結婚したケースは全体の約85%を占める11万4795件だった。台湾籍を持たない配偶者は計2万608人で、東南アジア出身者が計8749人と、中国、香港、マカオ出身者の計8216人を上回った。前年との比較では、外国籍配偶者が計245人増加した一方で、中国・香港・マカオ籍配偶者は計734人減少した。

(続きはリンク先でお願いします)

2019/02/10 18:35
mjapan.cna.com.tw

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite |
0.トップページへ
Supported by text.qwe