>  > 


【国際】IS構成員のロシア人の子ども27人が「帰国」 母親は今もイラクで拘束下に


2019/02/11 17:52

イスラム過激派組織「イスラム国」(IS)のロシア人戦闘員やISに加わったロシア人妻らを親に持つ子ども27人が10日、ロシアに「帰国」した。子どもたちの母親は今もイラクで拘束されている。ロシア非常事態省によると、父親は3年間に及ぶイラク軍との戦闘で死亡したという。

 国営タス通信(TASS)は、非常事態省報道官の発言として、子どもたちが10日夜にモスクワ近郊のラメンスコエ(Ramenskoye)空港に到着したと伝えた。

 子どもの権利に関するロシア政府の特命大使アンナ・クズネツォワ(Anna Kuznetsova)氏によると、子どもたちの年齢は4〜13歳で、ルーツはロシア10地域にまたがっているという。

 昨年12月末にも、ロシア人の子ども30人がモスクワに送還されている。

 ISは2014年にイラクの広範囲を支配下に置いた。ロシア政府は先月上旬、10歳未満のロシア人の子ども115人がいまだにイラクに残っていると発表している。

 また、ロシア・チェチェン(Chechnya)共和国の指導者ラムザン・カディロフ(Ramzan Kadyrov)首長の側近は昨年11月、イラクとシリアに残っているロシア人妻と子どもは「およそ2000人」だとの推計を明らかにした。

 これまでにロシアに帰国した女性と子どもは100人ほどで、多くはカフカス(Caucasus)地方の出身者だ。

 ロシア連邦保安局(FSB)は昨年、海外に渡航し「テロリスト側に属して」戦闘に参加したロシア人は約4500人に上ると発表している。

2019年2月11日 15:52 
www.afpbb.com

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite |
0.トップページへ
Supported by text.qwe