>  > 


【宮崎】草刈りの61歳男性 川の3.5キロ下流で遺体 西日本豪雨の死者と認定


2018/07/13 14:57

今月7日、宮崎県小林市の川の近くで草刈りをしていて2日後に川の下流で遺体で見つかった61歳の男性について、小林市は、当時、雨で川が増水していたことなどから、西日本を中心とした記録的な豪雨による死者と認定しました。宮崎県内での今回の豪雨の死者は初めてです。

今月7日の午後、宮崎県小林市野尻町東麓に住む市の臨時職員、見越富男さん(61)の行方がわからなくなったと警察に通報がありました。

見越さんは今月7日に水田で草刈りをしている姿が目撃されていましたが、2日後の9日に3.5キロ離れた石瀬戸川の下流で遺体で見つかっていました。

警察によりますと、草刈りをしていた水田の斜面の下に石瀬戸川が流れ、この斜面には土が削れたような跡がありました。

また宮崎地方気象台によりますと、見越さんが行方不明になった7日は小林市内で断続的に雨が降り、一日の雨量は120ミリに達し、警察や小林市によりますと、行方不明の通報があった直後には石瀬戸川は水の量がふだんより多く、流れも速くなっていたということです。

小林市は何らかの原因で見越さんが増水していた川に転落し死亡したとして、見越さんを西日本を中心とした記録的な豪雨による死者と認定しました。

宮崎県内での今回の豪雨での死者は初めてです。

2018年7月13日 13時51分
www3.nhk.or.jp

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe