>  > 


【山形】昨年度の倒産件数 過去最少


2018/05/17 00:30

www3.nhk.or.jp

05月16日 09時50分
昨年度、県内で1000万円以上の負債を抱えて倒産した企業は43社と、過去最少だった前の年度と同じ件数となり、負債総額も平成に入って最も少なくなりました。

民間の信用調査会社、東京商工リサーチ山形支店によりますと、昨年度、県内で1000万円以上の負債を抱えて倒産した企業は43社でした。

これは前の年度と同じで、統計を取り始めた昭和43年度以降で最も少なくなりました。
負債総額は、41億7800万円で、10億円以上の大型倒産がなかった影響で、前の年度の半分以下に大きく減少し、平成に入ってもっとも少なくなりました。
業種別に見ますと、サービス業が10件と最も多く次いで、製造業が9件、卸売業と建設業が7件などとなっていて、昨年度倒産した企業の95%が、従業員20人未満でした。
倒産の原因は、販売不振が18件、赤字の累積が14件などとなっています。

東京商工リサーチの担当者は、「県内の景気は回復傾向にあり倒産件数、負債総額ともに低い水準となった。当面、倒産が急増する要因は少ないが、中小企業では人手不足や高齢化が深刻化していて、経営改善が遅れた企業への金融機関からの融資は円滑とは言えず、楽観はできない」としています。

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe