>  > 


【政治】桜田五輪相の不適切発言に悪意なし? マスコミへの批判強まる 百田氏「テレビや新聞の記者たちはまるでハイエナ」


2019/02/14 21:34

夜の政治

headlines.yahoo.co.jp

 桜田義孝五輪相(69)が競泳女子の池江璃花子(18=ルネサンス)に対して「ガッカリした」などと発言し、謝罪した問題で、ツイッター上ではマスコミを批判する声が上がり始めた。

 ホリエモンこと堀江貴文氏(46)は「マジでマスコミくそ」とつぶやき、理由には触れなかったものの、桜田五輪相を擁護した。

 また、構成作家の百田尚樹氏(62)は「桜田五輪相は、記者の質問に対して、五輪について発言したからこそ、『がっかり』や『盛り下がり』みたいな言葉が出た。その発想が情けない!『今は五輪なんて関係ない! 治療に専念してほしい』と馬鹿な質問する記者を一喝すべきだった」とツイート。

「命を失うかもしれない女の子を前にして、五輪やメダルへの落胆を言葉にする感覚が許せないと言ってます。もちろん、そんなことを質問する記者も同類。大臣のコメントを聞いた池江さんがどう思うかを考えれば、記事も映像もボツにしてほしかったと言いたい」と主張した。

 百田氏は「テレビや新聞の記者たちは、何も考えずに、関係者のコメント取りに走ります。とくにテレビは、ニュースに使える有名人を追いかけます。そこには選手に対する配慮も気遣いもありません。あさましい、としか言いようがない。まるでハイエナです」と続けた。

 桜田五輪相の発言を巡っては、問題発言の前に記者からの質問で「競泳の中でも有力な選手だ」との前振りがあったことが判明。全体の発言を通しても池江の体調を気遣う趣旨となっており、ネット上では大臣としての資質は別にして「誘導」「発言の切り抜き」などと報道側にもブーイングが飛び交っている。

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite |
0.トップページへ
Supported by text.qwe