>  > 


【東海村】全点検に50年かかる放射性廃棄物のドラム缶 全体の40%で腐食進む 茨城 研究施設


2018/12/06 19:39

茨城県にある研究施設では放射性廃棄物を保管するドラム缶すべての点検におよそ50年かかるとされていますが、全体の40%余りのドラム缶で腐食が進んでいることが分かり、運営する日本原子力研究開発機構は優先して健全性を確認する方針を示しました。

茨城県東海村にある研究施設にはドラム缶およそ4万6000本に入った低レベルの放射性廃棄物が保管されていて、点検におよそ50年かかるとされています。

これについて6日、原子力規制委員会の監視チームの会合が開かれ、原子力機構の担当者がドラム缶の点検方法などを説明しました。

それによりますと、全体の40%余りにあたるおよそ2万本が保管を始めてから41年を超え、外部から腐食が進んでいることが分かりました。

このため原子力機構は、来年3月までに腐食の状況を詳しく調べる計画を立て優先して健全性を確認する、と説明しました。

これについて事務局の原子力規制庁の担当者から「記録からドラム缶の中身を分析できないのか」とか「点検の全体像が見えない」といった意見が出されましたが、原子力機構は次回以降説明すると答えていました。

一方、残りのおよそ2万6000本のドラム缶については、腐食の状況や過去の点検記録などを踏まえて、今後、健全性を確認する計画です。

www3.nhk.or.jp

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe