>  > 


【柴山文科相】千葉小4女児死亡受け「学校トラブルに対応する弁護士、スクールロイヤー配置進める」


2019/02/12 11:53

千葉県野田市で小学4年生の女の子が死亡し、両親が傷害の疑いで逮捕された事件を受け、柴山文部科学大臣は学校でのトラブルに対応する弁護士、スクールロイヤーの配置を進めていきたいという考えを示しました。

今回の事件を受けて、柴山文部科学大臣は記者団に対し、「虐待など、児童・生徒を取り巻く問題について、学校が弁護士に相談して法的なアドバイスを受けることは有効だ」と述べました。

そのうえで「虐待の問題で学校での弁護士の活用が期待されており、配置の促進を検討していきたい」と述べ、学校でのトラブルに対応するスクールロイヤーの配置を進めていきたいという考えを示しました。

今回の事件をめぐって文部科学省は13日、作業チームの初会合を開き、具体的な再発防止策などの検討を始めることにしています。

2019年2月12日 11時18分
www3.nhk.or.jp
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190212/K10011811771_1902121109_1902121118_01_02.jpg

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite |
0.トップページへ
Supported by text.qwe