>  > 


【横浜】東京五輪前に開業へ 新港地区−桜木町ロープウエー計画


2019/02/14 04:55

横浜・みなとみらい21(MM21)新港地区とJR桜木町駅前をロープウエーで結ぶ民間の計画の概要が13日、明らかになった。海面から最高約30〜40メートルの上空でゴンドラを行き来させる。2020年東京五輪・パラリンピック前の営業開始を目指す。

同日の市会建築・都市整備・道路委員会で、MM21地区で「よこはまコスモワールド」を経営する泉陽興業(大阪市)が提案した計画を市側が報告した。

ロープウエーの名称は「YOKOHAMA AIR CABIN(仮)」。延長約630メートルで、海上の遊歩道「汽車道」の南側に沿って整備する。

運河パークと桜木町駅前の両サイドに、鉄骨2階建ての駅舎を設け、ロープウエーの支柱を地上に2基(高さ約10メートル)、海上に4基(約30〜40メートル)それぞれ建てる。ゴンドラの定員は8人で、空中の乗車時間は片道2〜3分程度。

提案時の整備費は約60億円。公費負担はなく、市は駅舎設置に必要な手続きや周辺地域との調整などで支援する。同社と市は18年度中に実施協定を結び、19年度に着工する見通し。林文子市長は同日の定例会見で「都心臨海部全体の回遊性向上や活性化につながる」と期待した。

2/14(木) 4:04
headlines.yahoo.co.jp

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite |
0.トップページへ
Supported by text.qwe