>  > 


【注意】高齢者は身近な製品に注意を ストーブなど死亡事故126件


2017/09/14 12:47

 製品評価技術基盤機構(NITE)は14日、石油ストーブや介護ベッドなど、高齢者(65歳以上)の身の回りにある製品を使用した際の死亡事故が、今年3月までの過去5年間で126件あったと発表した。重傷も176件。主な原因は誤使用や不注意によるものだったとして、注意を呼び掛けている。

 死亡事故の内訳はストーブが52件で最多。点火状態で給油し、石油がタンク外にこぼれて火災が起きるケースが多かった。次いで介護ベッドが14件、電動車いすが12件。

 原因は、調査を終えた253件中、誤使用や不注意が152件。リコール対象品の使用など、製品に起因する事故が40件だった。(共同)

ガソリンを誤給油した再現実験で炎上するストーブ(NITE提供)
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/images/2017091401001035.jpg

配信2017年9月14日 12時30分
共同通信
www.tokyo-np.co.jp

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe