>  > 


【火伏せの祭り】長襦袢に白足袋をはき、派手な化粧をした「若衆」らが神輿の周囲を駆け回る


2019/02/12 11:43

竹みこしを次々に燃やし、無病息災や五穀豊穣(ほうじょう)を祈願する火伏せの祭り「今尾の左義長」が十日、海津市平田町今尾の秋葉神社で開かれた。

 四百年余りの歴史を持つとされる伝統神事で、県の重要無形民俗文化財に指定されている。地元の十二自治会は九日、高さ六メートル、重さ一・五トンの竹みこし十二基と小ぶりな子どもみこし二基を準備した。

 祭り当日は、長じゅばんに白足袋をはき、派手な化粧をした「若衆」らが地区を練り歩いた後、順に境内へ担ぎ込んだ。みこしに点火すると炎を上げて灰が舞い、竹のはぜる音が響いた。若衆が縄を持ってみこしの周囲を駆け、最後に今年の恵方の東北東に倒された。
全文
www.chunichi.co.jp
http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20190211/images/PK2019021002100216_size0.jpg

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite |
0.トップページへ
Supported by text.qwe