>  > 


【研究】蜂は「ゼロ」という概念を理解できることが判明🐝🍯


2018/06/14 08:49

2018年6月13日 21:53

●人間の子供ならば4才から理解できる「ゼロ」
 オーストラリアのロイヤルメルボルン工科大学(RMIT大学)とフランスのトゥールーズ大学の共同研究で、蜂は「ゼロ」という概念が理解できることが判明した。これまで、ゼロの概念を理解できる能力は、霊長類、イルカ、オウムなどに限られているといわれてきた。

 研究の詳細は、科学雑誌「サイエンス」に掲載されている。

●高度な知力を擁する「ゼロ」の概念
 一般的に、動物は「多い」「少ない」という基準で量を理解している。しかし、昨今の研究では、脊椎動物の一部が「空集合」という概念を有していることが判明している。そして今回、蜂もこの概念を理解していることが「サイエンス」誌に発表された。「ゼロ」の概念は、人類の知的な発展の中でも大きな進歩をもたらした。人類が図像で「0」を理解するのに、数千年を要したといわれている。

●認知的観点から見た「ゼロ」
 認知的な観点から見ると、「ゼロ」は二つの種類に分けられる。

 一つは、整数の一番小さな数としての「ゼロ」である。動物は、「ある」と「ない」を対照的なものとして理解している。

 もう一つは、数字としての「ゼロ」である。楕円で「0」と書くこの能力は、人間だけが有している。

 前者の「ゼロ」は、人間の4才の子供やイルカ、オウム、霊長類ならば理解できるというのがこれまでの研究であった。蜂のような昆虫類が、この概念を理解できるという説は、今回の発表がはじめてのものとなる。

●数字の大小を理解できる能力を持つ蜂
 RMIT大学のスカーレット・ハワード教授と研究チームは、蜂が異なる数量を理解する能力があることを次の実験から証明した。

 まず、黒い円がいくつか描かれた紙が用意された。1から5までの円が描かれた紙の横に、その数値に合わせた量の砂糖が置かれる。ハワード教授は、蜂がより少ない数を理解できるよう、数字が最も小さい紙の横により多くの砂糖を用意した。蜂はまもなく、円の数が少ない紙の近くほどより多くの量の砂糖があることを理解した。

 この時点で、ハワード教授はそれまで蜂に表示したことがない「白紙」の紙を実験に使用した。驚いたことに、蜂の60%以上がこの円が描かれていない白紙に群がったのである。つまり、蜂には「ゼロ」という概念が理解できることが判明した。

●数の差が大きいほど、正確に理解できる
 また別の実験では、紙に描かれた円の数の差が大きいほど蜂は数の大小を正確に理解し、差が少ないと間違う確率が高くなることも明らかになっている。たとえば、「4」と「5」の数の円が描かれた紙2枚を使用した実験では、数の認知力が低下した。これと同様の現象は、人間が数を数える時間がないときにも起きる。

 研究チームは、100万未満のニューロンで構成された蜂の神経系でも、数量とゼロの概念を理解できると明言している。

www.zaikei.co.jp

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe