>  > 


【研究】ヴィーガン・ベジタリアン・肉食のうち一番痛風にかかりにくいのは「ラクトオボベジタリアン」


2019/04/17 21:53

・Going vegetarian could reduce your risk of gout: Scientists find those who cut out meat have lower blood levels of the substance known to cause the agonising condition

研究によると、ベジタリアンは痛風にかかるリスクが低いという。

科学者たちは、食肉を断った人達が痛風を発症する可能性が最も低いという事を見出すため、何千人もの人々の食事を分析した。

また、このテストでは、ベジタリアン達は尿酸値と痛風を引き起こす事が知られている物質の血中濃度がより低いレベルになっている事を示した。

台湾の研究者らによる調査結果では、偏った食事では不自由をきたす形状を伴う関節炎を引き起こす可能性があると付け加えられた。

台湾の輔仁大学の専門家らは、13,935人の被験者の食事、具体的な食物とその頻度について質問する形で、食品と痛風との関連性を探し当てる事を期待し、彼らの食事習慣を健康記録と比較。

2005年から2009年の間に募集された被験者は、2014年に研究が終了するまでの間、継続して尿酸値などが調査された。

血中の高レベルの尿酸は結晶を形成し、それが軟組織や関節に蓄積する事で激しい痛みを伴う痛風の症状を引き起こす。

うち、9,032人の被験者のデータは、菜食主義者研究からのものだった。

この研究では、ラクトオボベジタリアンと呼ばれている卵と乳製品は食べるベジタリアンが最も低いレベルの尿酸濃度を示し、次にヴィーガン、そして肉食者と続いた。

「我々は、男女の両方において、ラクトオボベジタリアンと肉食者の間で血中尿酸濃度に差があることを見出した」と著者は書いている。

他の研究でも示されているように、植物ベースの食事が保護的である理由は、
肉や魚介類が尿中の酸生産を増加させるプリン体複合体の含有量が多いためであると研究者らは述べた。

他の研究でも示されているように、植物ベースの食事が痛風に対し保護的である理由は、肉や魚介類が尿中の酸生産を増加させるというプリン体複合体 の含有量が多いためだと研究者らは述べた。

※全文はリンク先へ

17 April 2019 Daily Mail
www.dailymail.co.uk

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite |
0.トップページへ
Supported by text.qwe