>  > 


【社会】茨城「美人女子大生」死体遺棄事件 ロリコン容疑者の異常な性癖と“目隠し”の謎


2019/02/13 07:49

昨年11月から都内に住む女子大生が行方不明になっていた事件が、最悪の結末を迎えた。

1月31日未明、茨城県神栖市の空き地で、日本薬科大学1年の菊池捺未さん(当時18)が遺体となって埋められているのが見つかったのだ。

事件を捜査していた警視庁は同日、同市に住む土木会社作業員・廣瀬晃一容疑者(35)を死体遺棄容疑で逮捕するとともに、殺人容疑でも取り調べを始めた。

「遺体に着衣はなく、2カ月以上経っていたので腐敗が進んでいましたが、司法解剖の結果、窒息死を推定させる痕跡が残っていました」(捜査関係者)

廣瀬容疑者は、「被害者とはネットの掲示板やオンラインゲームで知り合った」と供述しているが、この事件には多くの謎がある。

まず、携帯電話の位置情報や駅の防犯カメラなどの捜査で明らかになっている菊池さんの事件当日(昨年11月20日)の足取りを追ってみよう。

午前中に東京・文京区にある日本薬科大学お茶の水キャンパスで授業を受けた菊池さんは、自宅(葛飾区西亀有)近くのJR綾瀬駅から常磐線に乗り、約100キロ離れた茨城県の鹿島神宮駅で下車。
午後5時40分すぎに駅前でタクシーに乗車し、約7キロ離れた神栖市内のコンビニ近くでタクシーを降りている。

「コンビニに車で迎えに来た廣瀬は、菊池さんに目隠しをして自宅アパートまで連れてきたと供述しています。
その後、再び目隠しをした状態で車に乗せ、アパートから離れた場所で降ろしたというのです」(全国紙社会部記者)


news.livedoor.com
2019年2月13日 1時0分 週刊実話

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite |
0.トップページへ
Supported by text.qwe