>  > 


【米国&イラン】アメリカは「イランとの戦争を望まない」 ポンペオ国務長官


2019/05/16 01:36

www.bbc.com

アメリカは「イランとの戦争を望まない」 ポンペオ国務長官
2019/05/15

アメリカとイランの緊張が高まる中、マイク・ポンペオ米国務長官は14日、イランとの戦争を望んでいるわけではないと表明した。

ロシア南部ソチを訪れているポンペオ氏は、同国のセルゲイ・ラヴロフ外相と会談。その中で、アメリカは「根本的に」イランとの衝突は望んでいないと説明した。

同時に、「イランには、もしアメリカの国益が脅かされれば、適切に対応するとはっきりと伝えてある」とも話した。

ポンペオ氏はまた、イランが「普通の国」のように振る舞うよう望むと述べた。

イランも「戦争求めない」

一方、イランの最高指導者アヤトラ・アリ・ハメネイ師も、アメリカとの戦争は起こらないとの見解を示した。
ハメネイ師は国営メディアやツイッターで、アメリカのトランプ政権が昨年、核合意を一方的に離脱したことを批判。アメリカと新たな交渉をする考えはないとの立場を改めて表明した。
その上でハメネイ師は、「我々は戦争を求めないし、向こうもそうだ」と話した。

イランのハッサン・ロウハニ大統領はイスラム教指導者たちとの会合で、「(イランは)偉大なので誰からも脅しは受けない」、「我々はこの難しい時期を栄光とともに乗り越え、誇りを保ち、敵を打ち負かすだろう」と述べた。

両国の関係は緊迫
(リンク先に続きあり)

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite |
0.トップページへ
Supported by text.qwe