>  > 


【羅臼沖に白いシャチ】国内初確認、世界でも20例ほど 北大など研究グループ 北海道


2019/05/17 03:32

www.hokkaido-np.co.jp

羅臼沖に白いシャチ 国内初確認、世界でも20例ほど 北大など研究グループ
05/17 01:09 更新

 【羅臼】根室管内羅臼町沖でシャチの調査を行っている北大などの研究グループ「北海道シャチ研究大学連合」は16日、体の上面が白一色のシャチを発見した。同グループによると、白いシャチの確認は国内初。

 同グループは16日午後1時20分ごろ、羅臼漁港から北東方面約30キロ地点、日ロ中間ライン付近の洋上で、船から約4キロ先に10頭ほどで泳いでいるシャチの中に体長約7〜8メートルの白い個体を発見。500ミリの望遠レンズで撮影した。成熟した雄とみられる。

残り:205文字/全文:427文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。

羅臼沖で確認された白いシャチ(左奥)。尾びれ上部が黒く見えるのは光の加減で、実際には白いという(北海道シャチ研究大学連合提供)
https://static.hokkaido-np.co.jp/image/article/650x366/305/dc575dec33d10950bed84c7463d89875.jpg

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite |
0.トップページへ
Supported by text.qwe