>  > 


【群馬・O157】総菜店O157“使用期限切れ”消毒液使用 肉や魚を切る包丁と野菜を切る包丁を使い回しも


2017/09/14 13:41

群馬県や埼玉県の総菜店で商品を食べた客が相次いでO157に感染し、1人が死亡した問題で、前橋市の店舗では、使用期限の切れた消毒液を使っていたことがわかった。

この問題は、先月、埼玉県熊谷市や群馬県前橋市にある総菜店「でりしゃす」の商品を食べた客22人から、O157が検出され、このうち、3歳の女の子が死亡したもの。

前橋市などによると、「でりしゃす六供店」では、使用期限の切れた消毒液を使うことがあったほか、肉や魚を切る包丁と野菜などを切る包丁を使い回していたという。前橋市は店舗側に衛生管理の改善を指導したという。

一方で、まな板や包丁などからはO157は検出されず、感染源は不明のままで、「でりしゃす六供店」は原因がわかるまで休業するとしている。

配信(09/14 12:47)
ytv
www.ytv.co.jp

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe