>  > 


【裁判】鳥取・米子ホテル支配人殺害 最高裁が2審の無罪判決を取り消し 


2018/07/13 19:54

 9年前、鳥取県米子市のホテルで支配人を襲い、現金を奪ったなどとして強盗殺人の罪に問われた被告の裁判で、最高裁判所は2審の無罪判決を取り消し、広島高等裁判所で審理をやり直すよう命じました。

 平成21年9月、鳥取県米子市のホテルの事務所で、当時54歳の支配人が暴行を受けて現金を奪われ、6年後に死亡した事件では、元従業員の石田美実被告(61)が強盗殺人の罪に問われています。

 被告は無罪を主張していますが、1審は、被告が事件の翌日に、現場から盗まれた金に近い千円札230枚を口座に入金したことなどから、殺人と窃盗の罪を適用して懲役18年の判決を言い渡しました。

 一方、2審は「元従業員が犯人だという証明は十分ではない」として、無罪を言い渡していました。

 13日の判決で、最高裁判所第2小法廷の鬼丸かおる裁判長は「2審の判決は千円札を入金している事実など、被告が犯人だと推認される事情を検討した形跡がうかがえない。状況証拠によって認められる事実が総合的に検討されていない」と指摘し、無罪判決を取り消し、広島高等裁判所で審理をやり直すよう命じました。

NHK NEWS WEB 2018年7月13日 19時50分
www3.nhk.or.jp

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe