>  > 


【裁判】灯油をまいて火がついたティッシュを投げ入れたけれど火事発見は1時間後だから因果関係無しと主張 → 無罪判決・山形地裁


2019/04/14 07:21

放火の罪に問われた男性に無罪

*ソース元にニュース画像あり*

www3.nhk.or.jp
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

おととし、南陽市で、知人の自宅の敷地内にあった除雪機などを燃やしたとして
放火の罪に問われていた男性に対し、山形地方裁判所は12日までに無罪を言い渡しました。

無罪判決を言い渡されたのは、南陽市に住む64歳の男性です。
起訴状によりますと、男性は、おととし10月、知人の女性の自宅の敷地内で、
除雪機を覆っていたシートに灯油をかけて火をつけ、除雪機や住宅の一部を
燃やしたとして放火の罪に問われていました。

代理人の弁護士によりますと、弁護側は、裁判で男性が灯油をまいて火がついたティッシュを
投げ入れたことは認めましたが、除雪機などが燃えているのが見つかったのは
男性が現場で目撃されてからおよそ1時間後だったことから、
「火事との因果関係が証明されていない」と主張してきました。

一方、検察は懲役3年を求刑しましたが、今月9日、山形地方裁判所の兒島光夫裁判長は男性に無罪を言い渡しました。

山形地方検察庁は「上級庁と協議の上適切に判断したい」とコメントしています。

04/12 14:19

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite |
0.トップページへ
Supported by text.qwe