> 


タイガーシャークの成長過程わかる展示・青森


2018/04/16 12:50

トラザメの成長過程わかる展示

*ソース元にニュース画像あり*

www3.nhk.or.jp
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

日本の近海などに住むサメの仲間「トラザメ」が卵から大人へと
成長していく過程のわかる展示が、青森市の水族館で始まりました。

トラザメは日本近海などに住む最大でも50センチ程度の小型のサメで、
全身にある褐色のまだら模様が虎のように見えることから、この名前で呼ばれています。
青森市の浅虫水族館では、トラザメを卵から育てていて、今月からは、
水族館で産まれた卵と幼魚、それに大人の魚を展示しています。

このうち、卵は大きさが6センチ程。
産んでから10か月ほどでかえるということで、半透明の殻ごしに
ふ化する前の赤ちゃんが動いている様子がわかります。
また、同じ水槽では、卵からかえって2か月から3か月ほどたった幼魚6匹も展示されています。
幼魚は体長がおよそ8センチで、小さいながらも大人と同じような姿をしていて、まだら模様も付いています。

訪れた人たちは、隣の水槽にいる大人のトラザメと見比べながら、成長の過程を確かめていました。
弘前市から来た7歳の女の子は
「トラザメの頭としっぽの模様がかわいい」と話していました。

飼育員の佐々木梨江さんは
「展示を通して、命がどのように生まれて成長していくのかを観察してほしい」
と話していました。

トラザメの卵や幼魚の展示は、6月7日までの予定です。

04/15 20:11

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe