> 


ペダルこぐ10歳、自転車で北海道一周中 利尻の西島君 今夏は長万部から函館へ「北海道がどのくらい大きいのか確かめたい」


2018/08/12 10:38

https://lpt.c.yimg.jp/amd/20180812-00010000-doshin-000-view.jpg

■「北海道がどのくらい大きいのか確かめたい」

 【長万部】小学1年生の夏休みに、稚内フェリーターミナルから始まった自転車での北海道一周。利尻島に住む西島一樹君(10)は、5年生になった今年の夏休み、渡島管内長万部町から11回目のスタートを切った。最終ゴールの稚内を目指してペダルをこぎ続ける。

【動画】自転車でめざせ北海道一周 「四季島」とも遭遇
www.hokkaido-np.co.jp

 一樹君は、自転車で日本縦断した経験がある父、徹さん(49)の影響で、小さい頃から自転車が好きだった。1年生の春、稚内フェリーターミナルから宗谷岬までサイクリングしたのをきっかけに、「北海道がどのくらい大きいのか自分の目と足で確かめたい」と挑戦を始めた。
.
■春、夏休みを利用して海岸線を進む

 春、夏休みを利用して数日間、徹さんと車中泊しながら海岸線を時計回りで進み、今春、長万部町まで到達した。

 以前は徹さんが電動自転車で伴走したが、昨年からは一人で走ることが多くなった。

 11回目の今夏は、8日朝にJR長万部駅前を出発した。JR函館駅前まで約190キロを4日間かけて走る。あいにく、この日は横風が強く、「走りにくい」とこぼす一樹君。そんな一樹君の楽しみは、大好きな巡視船や電車を撮影することだ。
.
■「四季島」に遭遇、疲れ吹っ飛ぶ

 八雲町内を走行中、道路脇の踏切が鳴った。カメラを構えると、豪華寝台列車「トランスイート四季島」が通過した。車から降りてきた徹さんに「四季島が走って行った」と興奮気味に話し、2時間以上走った疲れも吹き飛んだ様子だった。

 道南は冷涼な利尻島に比べて気温が高いため、一樹君は昼間は車内で休憩し、午前中と夕方中心に走る。順調にいけば来年の夏休みには北海道一周が達成できる見込み。挑戦を見守って来た徹さんは「たくましくなったと思いながらも少し寂しいですね」と話し、成長ぶりに目を細めていた。(玉田順一、写真も)

8/12(日) 9:02
北海道新聞
headlines.yahoo.co.jp

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe