> 


定額制動画配信サービス、利用経験上位は「Amazon プライム・ビデオ」「Hulu」「U-NEXT」 MMD研究所調べ


2019/02/14 16:29

 MMD研究所は2月12日、スマートフォンを所有する15歳〜69歳の男女1万人を対象とした「定額制動画配信サービス」の調査結果を発表した。今回発表した結果は、「2018年11月 動画配信サービスの利用と通信キャリア選択における調査」の予備調査から、定額制動画配信サービスの認知度や利用経験などに焦点をあてたものとなっている。

 定額制動画配信サービスの利用状況について聞いたところ、利用経験が多かったのは「Amazonプライム・ビデオ」(19.7%)、「Hulu」(12.7%)、「U-NEXT」(10.5%)。利用経験や利用検討を含めた認知率を見ると、トップは「Hulu」の82.6%、次いで「Amazon プライム・ビデオ」が76.9%、「dTV」が71.4%となった。

 利用経験が多い定額制動画配信サービス上位5つの利用状況を年代別に見ると、いずれも利用経験が最も多いのは20代に。利用経験が多いのは「Amazon プライム・ビデオ」では20代が24.9%、30代が19.5%、50代と60代が18.9%、「Hulu」では20代が17.2%、30代が15.4%、10代が12.9%、「dTV」では20代が13.7%、30代が12.3%、10代が10.6%、「Netflix」は20代が13.3%、10代が11.5%、30代が11.4%となる。

 各定額制動画配信サービスの利用経験者へ利用料金について聞いたところ、「有料利用」の割合が最も多かったのは「Amazon プライム・ビデオ」の80.0%、次いで「DAZN」が71.5%、「dアニメストア」が70.0%。いずれかの定額制動画配信サービスを有料で利用しているユーザー2116人へ現在スマートフォンで利用しているメインの定額制動画配信サービスについて聞いたところ、最も回答が多かったのは「Amazon プライム・ビデオ」で30.9%、次いで「Hulu」が8.2%、「Netflix」が7.1%となった。一方「スマートフォンで使用しているものはない」は26.9%となった。

2019年2月12日 14:10 ITmedia
www.itmedia.co.jp
https://image.itmedia.co.jp/mobile/articles/1902/12/asa_MMD_07.jpg

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite |
0.トップページへ
Supported by text.qwe