> 


「アサンジ猫」に心配の声=籠城中に在英大使館で飼育


2019/04/13 17:34

 【ロンドン時事】内部告発サイト「ウィキリークス」の創始者ジュリアン・アサンジ容疑者が逮捕されたことを受け、同容疑者がロンドンの在英エクアドル大使館で籠城中に飼っていた猫の将来を心配する声が広がっている。この猫の交流サイトには多くのコメントが寄せられ、欧米メディアも相次いでこの問題を報じている。

 猫はアサンジ容疑者が籠城中に飼い始めた。2016年4月に「大使館猫」として交流サイトにアカウントが登録され、アサンジ容疑者自身が更新していたとされる。ただ、ツイッターは18年3月、インスタグラムも17年3月を最後に更新が途絶えている。

https://www.jiji.com/news2/kiji_photos/20190413at28S_p.jpg  
2019年04月13日17時17分
www.jiji.com

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite |
0.トップページへ
Supported by text.qwe