> 


東京五輪の聖火リレー、福島からスタートへ 安倍首相「復興五輪を世界に発信したい」


2019/04/14 18:17

 安倍晋三首相は14日、東日本大震災の被災地である福島県を訪れ、
廃炉作業が続く東京電力福島第1原発などを視察した。
首相は来年3月に2020年東京五輪の聖火リレーが同県を出発する際に立ち会い、
「復興五輪を世界に発信したい」と記者団に表明。
一連の視察を通じ、復興をめぐる失言で辞任した桜田義孝前五輪担当相には言及しなかった。

 首相の同原発訪問は13年9月以来5年半ぶり。
前回は防護服を着て構内を回ったが、今回はマスクなしでスーツ姿のまま視察し
放射能の影響の低減をアピールした。

 これに先立ち、10日に避難指示が解除された大熊町大川原地区で町役場新庁舎の開庁式に出席。
「(町民の)熱い思いが実を結び、町役場が町内に戻ってきた。
ここからが新たなスタートだ」と祝辞を述べた。
20日に全面再開を迎え、来年3月には聖火リレーの出発地となるサッカー施設「Jヴィレッジ」(楢葉町など)も訪れ、
サッカー少年らと交流した。

 首相の東日本大震災の被災地訪問は41回目。

www.jiji.com
イメージ画像
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/f/f2/Advanced_Test_Reactor.jpg/230px-Advanced_Test_Reactor.jpg

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite |
0.トップページへ
Supported by text.qwe