> 


介護現場で腰痛職員が増加 人手不足で負担増す


2019/04/16 21:58

2019年4月16日

 介護現場で腰痛を発症する職員が年々増加している。高齢者施設では腰痛予防講習への職員派遣や福祉用具の導入で対応しているが、介護需要の増大と人手不足に伴い職員一人当たりの負担が増しているとの指摘がある。現場からの声を聞き、取材した。

記事全文を読むには登録が必要
登録はソースページで
www.nnn.co.jp

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite |
0.トップページへ
Supported by text.qwe