> 


相手に怪我負わすひき逃げ&信号無視の福井放送元社長を事故不申告の罪で略式起訴 その他の罪状は不起訴


2019/06/13 06:40

福井放送元社長は略式起訴

*ソース元にニュース画像あり*

www3.nhk.or.jp
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

5月に福井市の交差点で軽ワゴン車と衝突し、その場から逃げたとして
ひき逃げの疑いで逮捕された福井放送の87歳の元社長について、
検察は事故を届け出ずに現場から立ち去ったとして事故不申告の罪で略式起訴した一方、
ひき逃げと過失運転傷害については不起訴としました。

福井放送の87歳の元社長は、5月22日、福井市大宮の国道416号線の交差点で乗用車を運転中に
40歳の女性が運転する軽ワゴン車と衝突し、女性が首をねんざするけがをしたにも関わらず
その場から逃げたとしてひき逃げの疑いで逮捕され、6月3日には
赤信号を見落とした疑いが強まったとして過失運転傷害で追送致されていました。

逮捕当時、元社長は調べに対し「物を踏んだだけだと思った」などと容疑を否認していました。

検察は12日、交通事故を起こしたのに警察に届け出ず現場から立ち去ったとして
元社長を道路交通法違反の「事故不申告」の罪で略式起訴しました。
一方で、事故のあと女性を救護せずに逃げたなどとする「ひき逃げ」と「過失運転傷害」については、
12日付けで不起訴にしました。
検察は不起訴の理由を明らかにしていません。

福井放送は「元役員が略式起訴されたことは報道機関として誠に遺憾であり、深くおわび申し上げます。
今回の件を重く受け止め、改めて再発防止と法令順守の徹底をはかってまいります」
とコメントしています。

06/12 22:24

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite |
0.トップページへ
Supported by text.qwe