>  > 


【IT技術革新】 世界初、AI歌声合成がボーカルのCDが4月28日リリース


2019/04/16 22:32

AV Watch 2019年4月16日 15:54
av.watch.impress.co.jp

世界初となるAI歌声合成をボーカルに起用したCDが4月28日にリリースされる。DTMステーションCreativeレーベルのアルバム「Sing truly」で、価格は2,000円。28日開催の音系・メディアミックス同人即売会「M3」のほか、同レーベルのオンラインストアでも販売される。

名古屋工業大学 国際音声言語技術研究所と、ベンチャー企業テクノスピーチが共同開発したAI歌声合成システムを使って制作したボーカルを起用したCD。音声創作ソフトウェア「CeVIO」のキャラクターである「さとうささら」と「IA」の声を使って制作された。

DTMステーションCreativeは、ライターの藤本健氏と、作曲家の多田彰文氏によるレーベル。これまで、小寺可南子「Sweet my Heart」や、小岩井ことり「Harmony of birds」をリリースしており、今回が第3弾となる。なお、実現の背景や制作過程などについては、藤本健氏のブログ「DTMステーション」で解説されている。

(DTMステーションの当該記事リンク www.dtmstation.com  )

※記者注※
「世界初」とは「AI歌声合成のみをボーカルに起用した音楽CDがリリースされるのが世界初」ということだそうです。
同様のAI歌声合成としてはマイクロソフトが開発した「りんな」が先日音楽配信にてメジャーデビューしています。

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite |
0.トップページへ
Supported by text.qwe