>  > 


【IT】Intel製品に複数の脆弱性、修正版が公開 〜最大深刻度は“CRITICAL”


2019/02/14 06:48

情報漏洩やサービス運用妨害(DoS)、権限昇格などにつながる恐れ

米Intelは2月12日(現地時間)、複数の同社製品に脆弱性が存在することを明らかにした。以下の製品に対し、アップデートが提供されている。

Intel PROSet Wireless Driver:INTEL-SA-00169(サービス拒否、深刻度“LOW”)
Intel USB 3.0 eXtensible Host Controller Driver for Microsoft Windows 7:INTEL-SA-00200(権限昇格、深刻度“MEDIUM”)
Intel Unite:INTEL-SA-00214(権限昇格、深刻度“CRITICAL”)
Intel Data Center Manager SDK:INTEL-SA-00215(権限昇格・サービス拒否・情報漏洩、深刻度“HIGH”)
Intel OpenVINO 2018 for Linux:INTEL-SA-00222(情報漏洩、深刻度“LOW”)

脆弱性対策情報ポータルサイト“JVN”によると、影響範囲は製品によって異なるものの、場合によっては情報漏洩やサービス運用妨害(DoS)、権限昇格などにつながる恐れがあるとのこと。最新版へのアップデートが推奨されている。

Impress
forest.watch.impress.co.jp

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite |
0.トップページへ
Supported by text.qwe