>  > 


【JR西】「ICOCAポイント」10月開始 乗車4回目以降でポイント50%付与も


2018/08/12 08:59

「ICOCAポイント」サービスの対象エリア
https://contents.trafficnews.jp/image/000/021/202/large_180809_jrwicocapoint_01.jpg

■「ICOCAポイント」は3種類

https://contents.trafficnews.jp/post_image/000/027/701/large_180809_jrwicocapoint_02.jpg

 JR西日本は2018年8月9日(木)、ICカード「ICOCA」の利用でポイントがたまる「ICOCAポイント」のサービスを10月1日(月)に開始すると発表しました。

 JR西日本の列車を利用した場合や、加盟店で電子マネーを利用すると、1か月間(1日から月末まで)の利用実績に応じて「ICOCAポイント」がたまります。JR西日本以外の路線や、JR西日本ICOCAエリア内とまたがった利用、「ICOCA定期券」の区間内の利用、自動券売機でのきっぷ購入などは対象外です。

 JR西日本ICOCAエリア内の各駅相互間では、同一運賃区間を11回以上利用すると、11回目以降の利用1回ごとに、その区間の運賃の10%に相当する「利用回数ポイント」が付与されます。

 JR京都線、JR神戸線、JR宝塚線の一部指定区間では、平日10時〜17時や土休日の利用回数が指定区間グループ内で4回以上になる場合、4回目以降の利用1回ごとに、その区間の運賃の30%または50%に相当する「時間帯指定ポイント」が付与されます。たとえば、所定の普通運賃が390円の京都〜高槻間と京都〜摂津富田間は、同一のグループに指定されており、4回目からのポイント付与率が50%に設定されています。

 一部のICOCA加盟店で電子マネーを利用すると、「200円につき1ポイント」など、加盟店の定める基準に基づいて「電子マネーポイント」が付与されます。

 たまったポイントは「1ポイント=1円」で換算が可能。利用月の翌月6日以降にチャージすることで、列車の乗車や買い物の支払いなどに利用できます。

 サービスを利用するには、無料の事前登録が必要です。JR西日本ICOCAエリア駅の自動券売機(一部)で8月20日(月)以降、ウェブサイトで8月下旬から受付が行われます。、

 なお、「SMART ICOCA」の利用に応じて「J-WESTポイント」がたまるサービスは9月30日(日)で終了。京阪神地区のおもな区間に設定されている企画乗車券「昼間特割きっぷ」も、9月30日(日)で発売が終了します。

2018.08.09
乗りものニュース
trafficnews.jp

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe