>  > 


【医療】 5分で効果得られる塗るED治療薬を開発[03/04]


2019/03/16 14:36

性生活を充実させるうえでは、「故きを温ねる」だけでなく「新しきを知る」ことも大切だ。現代を生きる中高年男性にとって心強い味方ともいえるのが「ED(勃起不全)治療薬」である。

 現在、主に処方されているのは「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」の3種類。いずれも“飲み薬”で服用してから効果が現われるまで15分〜1時間程度かかる。そうしたなか、「使用してから5分で効果が得られる新薬」が新たに登場しようとしている。英国の製薬メーカーであるフューチュラメディカル社が開発した「eroxon」(エロクソン)だ。6月の最終治験終了が間近に迫り、今年に入って現地・英国のメディアで同薬を特集する報道が相次いでいる。

 この新薬の特徴は“塗り薬”である点だ。ED治療に詳しい渋谷三丁目クリニックの古市昌之院長がこう話す。

「『ペニスにクリームを塗る』という使い方をします。血管を拡張させる作用から狭心症などに用いられる『ニトログリセリン』が有効成分として含まれて、ペニスの皮膚から吸収されることで血流を改善し、勃起を促すメカニズムです。

 従来の薬は『セックスする時刻』を予想し、逆算して飲む必要がありましたが、こちらはセックスの直前、前戯の前に塗れば良いという点で画期的でしょう」

塗る場所が場所だけに、パートナーの女性への影響がないかも気になるが、同社HPでの公表資料によれば「有効成分は塗って5分後にはほとんど全てがペニス内に浸透している。1003例の試験のうちパートナーに軽度副作用が報告されたのはわずか4例だけ」とある。また、短時間で効果が得られるということに加え、ペニスにのみ塗布するので飲み薬である従来のED治療薬と比べて副作用が少ないと同社は説明している。

「バイアグラなどのED治療薬は、重い狭心症などの心疾患を持っている患者は服用できないといった禁忌があります。しかし、この薬は塗り薬であることからペニスのみに作用し心臓に負担をかけにくいため、これらの持病がある人でも使用できるでしょう」(古市氏)

 ただし、効果の持続時間は30分程度と他の薬と比べて短い。発売時期や価格はまだ公表されていない。日本上陸が待たれる。

https://www.news-postseven.com/wp-content/uploads/2019/03/eroxon.jpg
www.news-postseven.com

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite |
0.トップページへ
Supported by text.qwe