>  > 


【宇宙】小惑星「2012 TC4」、10月12日に地球に異常接近 警告システムの「テストケース」に


2017/10/11 23:35

小惑星、10月12日に地球に異常接近 警告システムの「テストケース」に
2017年10月11日 11:56 発信地:パリ/フランス

【10月11日 AFP】家1軒ほどの大きさの小惑星が10月12日、地球に異常接近する。通過時に衝突の危険性はないものの、月の軌道の内側まで接近するこの小惑星は、専門家にとっては地球衝突という現実の脅威の予行演習をする絶好の機会だ。

「2012 TC4」と呼ばれるこの小惑星は、欧州宇宙機関(ESA)と米航空宇宙局(NASA)によると、グリニッジ標準時(GMT)12日午前5時41分(日本時間同日午後2時41分)の直前に、オーストラリア南方の地点の上空で地球に最接近する。肉眼や普通の双眼鏡では見えないが、「欧州の観測所からは11日の夜から12日午前4時頃まで観測可能」と、オランダで活動するESA地球近傍天体研究チームのリュディガー・ジェン(Ruediger Jehn)氏は話している。接近、通過するのは、地球から4万4000キロ未満の位置、多数の静止衛星が地球を周回している高度3万6000キロの軌道面の真上。これは地球から月までの距離の約8分の1に相当する。
 
TC4を特定、追跡して詳細に調査する今回の訓練を率いるNASAのマイク・ケリー(Mike Kelley)氏は、人工衛星にも危険は及ばないと明言。AFPの取材に対して、「これまで2か月間にわたってTC4を監視し、極めて正確な位置情報が得られている。この情報により、極めて精度の高い軌道計算が可能だ」として、TC4の軌道が地球や人工衛星の軌道と交差することはないと語った。
 
2012年に発見されたTC4は幅が約15〜30メートルで、位置情報が判明している多数の小惑星のうちの一つだ。だが、位置が分かっていない小惑星は限りなくある。
 
ESAのジェン氏によると、609日間で太陽を公転するTC4は今後、2050年と2079年に再び地球に接近するという。
--- 引用ここまで 全文は引用元参照 ---

▽引用元:AFPBBNews 2017年10月11日 11:56
www.afpbb.com
www.afpbb.com

欧州宇宙機関(ESA)が公開した近地球型小惑星「2012 TC4」(中央)の画像(2017年8月10日公開)。(c)AFP/ESO/EUROPEAN SPACE AGENCY NEOCC/O. Hainaut (ESO), M. Micheli (ESA) & D. Koschny(ESA)
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/4/6/700x460/img_4650cfb9b498a5af2f679f5f0f31c368184942.jpg

▽関連スレッド
【宇宙】小惑星「2012 TC4」 10月中旬に地球最接近 月の軌道の内側を通過 衝突の恐れなし/ESA
egg.5ch.net

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe