>  > 


【訃報】コラムニストの勝谷誠彦さん死去、享年57


2018/11/28 09:04

◆コラムニスト勝谷誠彦さん死去、57歳 

コラムニストの勝谷誠彦さんが亡くなったこと28日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月〜金曜・前8時)が報じた。
番組によると勝谷さんは、28日午前1時48分に故郷の兵庫県尼崎市で亡くなった。57歳だった。

www.hochi.co.jp

 ◇

◆勝谷誠彦さん、享年57。我が心の師匠、永遠の旅立ち

コラムニストの勝谷誠彦さんが28日未明、亡くなった。享年57歳。
関係者が明らかにした。

勝谷さんは8月22日に腹痛を訴えて緊急入院。
2007年1月から毎朝続けてきた有料配信メール日記を初めて休載し(配信は代筆で継続)、劇症肝炎の療養に入っていた。
その後、一時退院したが、10月下旬から再度、療養生活に入っていた。

勝谷さんは1960年、兵庫県生まれ。
早稲田大学在学中からフリーライターとして活動し、編集プロダクションを設立。

1985年に大学卒業後、新卒入社した電通を数か月で辞め、文藝春秋に転職。
花田紀凱氏が当時編集長だった「週刊文春」の記者として活躍した。

文春時代は、フィリピンのマルコス政権を民衆が倒したエドゥサ革命(1986年)や、三井物産マニラ支店長誘拐事件(同)、湾岸戦争(91年)など海外の歴史的事件を相次いで取材。
また、在籍当時の週刊文春は、1989年の東京・足立の女子高生コンクリート詰め殺人事件で、犯行に関わった少年グループの実名報道に踏み切ったことが社会的論争を呼んだ。

その後、異動先の月刊誌「マルコポーロ」の廃刊を機に文春を退社し、フリーランスのコラムニストとして雑誌、テレビ、ラジオなどで活躍していた。
2000年の長野県知事選で田中康夫氏を支援した頃から政界との関わりが増え、安倍晋三首相、辻元清美衆議院議員など党派を越えて交流関係があった。
2017年には兵庫県知事選に出馬し、次点で落選した。

※続きはソースでご覧ください。
agora-web.jp

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe