>  > 


【厚労省】600億円の年金支給漏れが発覚 対象者は10万6000人 4000人はすでに死亡[09/13]


2017/09/13 19:21

一定の条件でもらえる年金の加算分について、総額600億円の支給漏れがあったことが分かりました。

夫が厚生年金か共済年金に20年以上加入していて、年金を受け取る場合、
妻が65歳未満などの条件で、夫の年金に家族手当として加給年金が加算されます。
妻が65歳になり、自分の年金を受け取るようになると加給年金は打ち切られ、
振替加算が妻の年金に上乗せされます。

厚生労働省は、この振替加算の対象者10万6000人に
1991年から総額598億円の支給漏れが見つかったと公表しました。
一度に見つかった支給漏れ額としては過去最大です。

対象者のほとんどは夫婦のどちらかが共済年金で、
漏れた支給額は一人あたり平均56万円、最高で590万円でした。
また、このうち4000人についてはすでに亡くなっているということです。

厚労省は、共済組合のデータが日本年金機構のシステムに誤って入力されるなど
情報処理の不備などが主な原因だと分析していて、対象者には郵送で通知したうえで、
11月をめどに支払うとしています。

以下ソース:テレビ朝日 2017/09/13 16:53
news.tv-asahi.co.jp

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe