> 


「猥談バー」に集う男性はみんな爽やか。猥談は癒しかもしれない|辛酸なめ子 2018/12/24


2018/12/24 09:23

2018.12.24

先日、都心のカフェで、隣の席の会社帰りの若い男子たちから聞こえてきた会話。

「最近楽しかったことは?」
「セックスで2回イッたこと」
「30分ずっとギンギンでギネス認定員がいたら載ったと思うよ」

 チラっと見たら、草食っぽいメガネ男子でしたが……。無邪気な猥談に老婆心が和みます。

 カフェで、街角で、見た目が草食系な男子がエロトークをしているシーンに時々遭遇します。時代が変わっても、猥談の魅力は普遍的なのかもしれません……。


猥談を楽しく話せる「猥談バー」に行ってみた

 そんな猥談のポテンシャルに目を付けた、やり手の男子が佐伯ポインティさんです。「エロデューサー」を名乗り、クラウドファンディングを利用して資金を調達。25歳の若さで猥談を楽しく話せる会員制バー「猥談バー」をオープンしました。たちまち毎晩客が絶えない人気店になったそのバーを訪れてみました。※猥談バーは会員制のため、場所は会員以外の人には非公開となっています。

      ===== 後略 =====
全文は下記URLで
joshi-spa.jp

7.一覧へ戻る
*.
リンク元ページへ戻る

Twitterでつぶやく
LINEで送る
ニュースURL:


| Qwe | DatNews | DatPictures | auch | Flash Lite | オープンアプリ | メニューアイコン | WQVGA待受 | FWQVGA待受 | FWQVGA+待受 | WVGA待受 | FWVGA待受 | FWVGA+待受 | FWVGA++待受 | HXGA待受 | ダウンロード辞書 |
0.トップページへ
Supported by text.qwe